マリア堂スタッフによる日記や、新入荷のお知らせ・イベントなど時々紹介しています。
<< 郵送プリント | main | 【今日のできごと】北区子育てにっこりパスポート >>
大切なエコー写真をフォトブックに。

今日は妊婦さん&ママさんへぜひご紹介したい
「エコー写真の保管方法キラキラ」です!

 

ご存知ですか?

病院でもらうエコー写真の多くは感熱紙です。

これはレシートと同じで長期間の保存には向いていません。

 

大切なエコー写真は

1、デジタルデータ化するか

2、印画紙写真への複製

をオススメしております。

 

「2、印画紙写真への複製」はさらに

A.普通にプリント

B.ちょっとこだわりプリント

C.フォトブックスクエア「おなかのアルバム」

の、3パターンをご用意しております。


まずAの普通にプリント

エコー写真
感熱紙のエコー写真の赤ちゃんが写っている部分を写真にしてお渡しするパターン。


光沢写真

光沢のLサイズ(普通の写真サイズ)にフチなしでプリントしています。
1枚141円


つづいてBのちょっとこだわりプリント


感熱紙のエコー写真を原寸のままLサイズでお渡しするパターン。

原寸マット紙

こだわりはマットタイプの写真!
指紋が付きにくくアルバムづくりがとてもしやすいです!
1枚141円


そしてCのフォトブックスクエア「おなかのアルバム」

 

エコー写真を印画紙写真への複製保存をするだけでなく、

生年月日などのデータや誕生後の写真も加えて1冊のアルバムにまとめられる

 

「おなかのアルバム」を特にオススメしております!

 

1ページにつき1枚のエコー写真をリングタイプのフォトブックにしてお渡しするパターンです。
338X480_onaka1.jpg

エコー写真を1冊にまとめることができ、メッセージなどの書き込みもできます。

 

338X480_onaka2.jpg

週数も入ります。

 

338X480_onaka3.jpg

妊娠中の写真も入ります。

 

338X480_onaka4.jpg

誕生日、産まれた時の身長・体重などの記録を入れてもOK!

15ページから35ページまでお好きなページ数でお作りしています。
(タイトル、サブタイトル、写真の順番など事前に決めてきていただくことをオススメします)
15p 2,500円〜

 

通常1週間ほどででき上がりますがご注文が集中した場合はお日にちをいただく場合がございます。


以上、マリア堂のエコー写真オススメ保管方法でしたキラキラ